英会話は勉強ではなく、慣れ

私は観光地で商売をしています。

そんな理由から、外国人の方のお客さんも多く、英語で話をする機会がとても多いです。

道案内やら商品説明やら、たまに冗談や雑談などもよくします。

こうやって書くと、英会話が得意で英語がペラペラという感じに見えますが、実際のところそうでもありません。

高校時代までは勉強もまったくしたことがなく、英語なんて中学生レベルでつまずいていました。

私が英語をしゃべれるようになったのは、やはり高校を卒業して働きだしてからです。

それも勉強は一切しませんでした。

お店に来るお客さんとの会話の中で、いつの間にか覚えていったという感じです。

もちろん、言語である以上、単語がわからなければいけない部分は多くでてきますので、そういったことは辞書で調べる程度のことはしました。

ですが、文法や言い回しなどの勉強はした覚えがまったくありません。

英会話は、ほとんどが単語の羅列です。

それはネイティヴの方も同じです。

ですので、あまり難しいことを考えなくても、英会話自体はすんなりと出来るようになります。

要は、慣れなのかもしれません。

少しでも多くの外国の方との会話が、英会話上達への一番の近道なのだろうと私は思っています。

なんといっても、中学生レベル以下の英語力しかなかった私が、今では普通に英会話でジョークを言い合っているくらいですから。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。